フェイスリフト・若返り・レーザー脱毛・レーザー治療など美容整形、美容皮膚科に関するお悩みは新宿ラクルクリニックへどうぞ。新宿ラクル美容外科クリニックの当サイトではモニター様や患者様の口コミや感想を紹介するとともに、診療内容もご案内しております。今日は「目の上の凹み(脂肪肝細胞注入)」をご紹介します。

11_1

凹んだ上まぶたが改善され、若々しい印象に変わります。
ヒアルロン酸よりも効果の持続を期待する方向けの治療です。
また、生体内材料ですので、仕上がりはよりナチュラルです。
定着には個人差もあるので、十分な効果を得るために数回の治療が必要な場合もあります。
眼瞼下垂のある方は、眼瞼下垂の手術と注入の両方が必要になる場合があります。
体重減少や加齢により、上眼窩脂肪や隔膜前脂肪の量が減少し、上まぶたが凹んでしまうことがあります。
まぶたを挙げることが問題なく行えて、上まぶたが凹んでいる方に適しています。

11_2
採取する脂肪は、太ももの内側など、きめの細かい脂肪を採取します。 不純物を取り除き、くぼみの部位に注入を行います。

脂肪の採取と注入の際には、脂肪細胞を壊さないことが特に重要です。 脂肪細胞を壊さないような、カニューレで脂肪を採取し、脂肪の注入も丁寧に行っていきます。 注入の際には、どの深さに注入するかで仕上がりが異なりますので、慎重に行います。

施術時間は約30分~40分です。麻酔は局所麻酔で行います。
傷跡は注射なので、ほとんど目立ちません。
体質により、内出血が出る場合がございます。
腫れは、個人差がありますが1週間ほどで引いていきます。
お薬は、痛みどめ、化のう止め、腫れ止めをお出しします。
洗顔、お化粧、入浴は翌日から可能ですが、目を強くこすらないよう注意してください。

11_3

気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

awase1