新宿ラクル美容外科から、今日は太りにくい食事法についてご紹介します。
まず、とても簡単に出来るのが食事中の水分摂取を抑える方法です。水分をとりすぎると胃酸が薄まり、消化運動を妨げる原因となってしまいます。できれば食事の30分前から水分を控えるのが効果的ですが、どうしても我慢出来ない時にはコップ一杯の水かお茶で我慢しましょう。また、栄養バランスの悪い食事は満腹感が得られにくく、せっかくの栄養素も吸収されにくくなってしまいます。野菜のみの食事や炭水化物抜きの食事だけでは脂肪や糖質の燃焼に必要なビタミンBを摂取できないので、適度に肉も食べるなどして質の良い食事を心がけましょう。唐辛子や生姜にはエネルギー消費を活発化させる作用があるので、こうした食材を積極的にとりいれてみるのも良いでしょう。可能な方は、食べる順番も見直してみてください。食事は野菜、たんぱく質、炭水化物の順に摂取すると血糖値の上昇やインスリンの分泌を抑える事ができ、脂肪がつきにくくなるうえ消化効率も上がると言われています。食事制限はないので、ストレスをためることなく実践できる食事法です。