新宿ラクル美容外科が、美肌のための正しい洗顔方法について伝授します。
洗顔前にはしっかり手を洗って雑菌やほこりを落とします。顔をぬるま湯でそっと洗って毛穴を開かせ、手で擦らないようにぬるま湯を顔に掛けていきます。洗顔料はしっかりと泡立て、洗顔ネットなどを使って、弾力のある泡を作ります。泡は顔に乗せて少し待ってから、優しく優しく泡で洗うイメージでくるくると円を描くように洗います。手でこするとたるみなどの原因のなるのでなるべく手が触れないように洗います。洗い終わったら、ぬるま湯でゆっくりと流し、この時もなるべく肌を擦らないように気をつけます。洗顔は、多くて朝と晩の1日2回を遵守します。というのも、洗顔でお肌に着いた汚れや皮脂、角質を落とすことができるのですが、洗いすぎるとお肌に必要な皮脂や角質までも落としてしまい、肌が余計に皮脂を出そうとしてしまって肌荒れや乾燥してしまうので注意してください。