毛穴の黒ずみが気になるからといって無理に指や爪などで汚れを押し出そうとするのは禁物です。新宿ラクル美容外科が正しい毛穴ケアについてご紹介します。
まず、毛穴を詰まらせ汚れとなる角栓ですが、実はこれ油汚れと誤解されがちなその正体は30%の皮脂と70%のたんぱく質からできています。そのため、油を浮かせて落とすクレンジングオイルだけでは30%の皮脂は落ちても残りのたんぱく質までは落ちきらないのです。正しいケアはホットタオルで部位をしっかり温めて毛穴を開かせ、十分に泡立てた洗顔フォームをマイクロファイバーの布につけ毛穴の気になるところをゆっくりやさしく洗います。極細の繊維がたんぱく質汚れをかき出してくれるので、布はメガネ拭きなどでも構いません。洗顔後のケアも重要です。肌をふっくらつややかに保ち毛穴を引き締めるには、セラミドが配合された美容液がオススメです。セラミドは肌に貯蓄される水分成分で、それを肌に補ってあげると効果的です。保湿後は、肌を冷やしてさらに毛穴をきゅっと引き締めれば完了です。