新宿ラクル美容外科が美肌に効果のある野菜や果物をご紹介します。
ハリや弾力をもたらすコラーゲンの合成に役立つのがビタミンCです。ビタミンCは、レモンやアセロラ、赤ピーマン、パセリ、ブロッコリーなどに多く含まれています。シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあるエラグ酸という物質には、強い抗酸化作用があり、イチゴやぶどうなどに多く含まれています。
抗酸化作用といえば、メラニンの排出を助けたり新陳代謝を高める効果のあるビタミンEが有名です。ビタミンEはアボガドやかぼちゃに含まれており、ビタミンCとの相性が良く、一緒に摂取すると相乗効果が得られます。ビタミンは水溶性で体内に長くとどまること無く排出されてしまうので、一度にたくさん摂取するのではなく毎日少しずつ摂取するのが効果的です。これはビタミンだけでなく、他の栄養素についても言えることで、毎日バランスの取れた食事を続けることで、体内の健康と美肌に繋がります。