新宿ラクル美容外科です。今日も目元の治療内容をご紹介します。ぱっちりとした印象の目元になりたいとカウンセリングでご相談される患者様が多いです。また、黒目を大きく見せたいという方もいらっしゃいます。そんな方にお勧めしたいのが、当院の拳筋腱膜前転法です。拳筋腱膜前転法は手術ですが、新宿ラクル美容外科の院長先生が丁寧に手術を行いますのでご安心ください。では、どのような治療内容なのかご紹介しましょう。

05151

拳筋腱膜前転法とは、上まぶたの二重のラインを切開して、瞼を引き上げる眼瞼挙筋膜を短縮し、目の開きを大きくみせる手術です。 この手術によりまぶたが開きやすくなり、黒目がよりはっきりと見えるため、目力をアップさせることができます。黒目を大きく見せたいかた、眠そうな目をパッチリさせたい方の他に、目つきが悪いとお悩みの方にもおすすめしています。

05152

◇診療の流れ◇

<Step1>診察
目の左右差、まぶたの厚さ、皮膚の切除量等を確認し、希望の二重ラインと、黒目をどのくらい見せるかを決めていきます。

<Step2>麻酔
はじめに点眼麻酔を行います。
次に、吸入麻酔を使いながら、まぶたの局所麻酔を行います。極細の針を用いるので痛みはほとんどありません。麻酔の注入量は最小限にするため、腫れは限定的になります。

<Step3>手術
デザインした重瞼ラインで切開をします。皮膚の余りがある場合には皮膚の切除を行います。眼窩隔膜を切開し、眼瞼挙筋腱膜を固定します。目瞼挙筋腱膜を前方へ引き出し、瞼板の上部に縫合します。術中に開眼していただき、黒目の見え方の調整を行います。
最後に皮膚を縫合し終了します。

<Step4>術後経過
抜糸は7日目に行います。
約10日目でお化粧をして人前に出れるご状態となります。
はじめは二重の幅が予定よりも広くみえますが、1~3ヶ月かけて予定の幅に落ち着いていきます。
お傷の赤みが気になることがあります。この場合、コンシーラーなどのメイクが必要になります。

痛みどめ・化のう止め・腫れ止めを処方いたしますのでご安心ください。

05153

新宿ラクル美容外科では、カウンセリングを無料で行っています。
治療や手術は最初、とても不安かと思いますが納得頂けるまで丁寧にご説明します。
疑問点やお悩みなど、なんでもおっしゃってください。

awase1