新宿ラクル美容外科です。上まぶたのたるみを気にする方は少なくありません。この眉下切開法は、もともとの目の印象、例えば一重の方が一重のまま上まぶたのたるみを取りたい等の場合には、この術式が適しています。それでは、診療内容をご案内いたします。

眉下切開法とは

眉毛の下縁にそって、余分な皮膚を切り取ります。
術後の腫れが少ないために、早期の社会復帰が可能です。
ただし、上まぶたが下垂している場合は、眼瞼下垂の手術が必要です。

治療の流れ

  1. 診療
    座位でたるみの程度を診察し、皮膚の切除幅を決めていきます。
  2. 麻酔
    極細の注射針を用いて、内出血が起こりにくいように注意しながら麻酔薬を注入していきます。
  3. 手術
    眉毛の下縁、アートメイクの方はその下縁から皮膚切開を行います。
    皮膚は髪の毛よりも細い糸で丁寧に縫い合わせます。手術時間は約1時間です。
  4. 術後経過
    抜糸は5~7日後です。

新宿ラクル美容外科クリニックへの問い合わせ

気になることがございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
新宿ラクル美容外科クリニックでは、カウンセリングを無料で行っております。

TEL:03-5332-7773
診療時間:AM10:00~PM8:00
休診日:年中無休