新宿ラクル美容外科クリニックから、専門用語の説明をいたします。
例えば「切開法」や「眼窩脂肪(がんかしぼう)」など、この業界には専門用語が多く、一般の人にはなじみのない用語が数多くあります。当ページでは簡単な言葉から聞き慣れない専門用語まで幅広くご説明いたします。
「美容整形の知識がない」という方や、「聞いたことがあるけれど意味はわからない」という方など、皆様のご理解が深まるよう丁寧にご説明させていただきます。

挙筋法(きょきんほう)

埋没法の手術の方式のひとつです。
まぶたの皮膚と筋肉を結んで二重のラインを形成する手術で、瞼板法に比べると糸が取れにくい特徴があります。
また、まぶたの裏に出る糸が筋肉の部分にあるため、眼球を傷つけるリスクが少なくなります。
腫れは2~3日で程度で引いていきます。(個人差があります。)