フェイスリフト・若返り・レーザー脱毛・レーザー治療など美容整形、美容皮膚科に関するお悩みは新宿ラクル美容外科へどうぞ。新宿ラクル美容外科クリニックでは、おもてなしの心を大切にし、スタッフ一同心を一つにして対応させていただいております。

今日は、診療内容の一つである「目の上のたるみ取り+脂肪取り」をご紹介します。
目の上にある「たるみ」は、顔を老けた印象にさせたり、腫れぼったい目に見えたりしてしまいます。
加齢により上まぶたの皮膚がたるみ、おおいかぶさると、いわゆる三角目の状態になります。
これにより視野が狭くなるので、常に眉が上がってしまいます。これは、頭痛、肩こり、疲れやすい、やる気が続かない、などといった症状を引き起こします。
さらには、眉毛が常に上がることにより、おでこに深いしわが刻まれてしまいます。
これらの症状を手術的に改善することが出来るのが、この方法になります。
新宿ラクル美容外科クリニックにお任せください。

10_1

加齢によるまぶたの皮膚のたるみを切除し、スッキリとしたまぶたになります。お傷は、数ヶ月単位でほとんど分からなくなります。

この手術は、全切開法二重術に準じているので、二重の幅を広くされたい方や二重のラインが安定しない方にはとても適しています。 しかし、皮膚のたるみが高度で、切除幅が広くなる場合は、術後の仕上がりがやや重い印象になることがあります。 そのような場合には、眉下切開法がおすすめです。 ただし、上まぶたが下垂している場合は、眼瞼下垂の手術が必要です。

10_2

座位で診察を行います。二重の方は、二重のラインをもとに皮膚の切除幅を決定します。
一重の方は、ご希望の二重の幅、皮膚の切除幅を決定します。

【Step2】麻酔
極細の注射針を用いて、内出血が起こりにくいように注意しながら麻酔薬を注入していきます

【Step3】手術
上まぶたの皮膚の余分な部位を、二重のラインに沿ったデザインで切除します。
手術時間は約1時間です。
皮膚は髪の毛よりも細い糸で丁寧に縫い合わせます。

【Step4】術後経過
抜糸は5~7日後です。

施術時間は約30分~40分です。麻酔は局所麻酔を使用します。
傷跡は個人差がありますが、数か月単位で分からなくなります。
腫れも個人差がありますが5~7日で引いていきます。
お薬は、化のう止め、痛みどめ、腫れ止めをお出しします。

10_3

10_44

◇目の上のたるみ+脂肪取り
【こんな方におすすめします】
上まぶたの腫れぼったさの原因が、皮膚のたるみだけでなく、眼窩脂肪の多さである、という場合に適した手術となります。

【目の上のたるみ+脂肪取りとは】
目の上のたるみ取りの手術の中で、上まぶたの脂肪も適切な量を取り除きます。
これにより、上まぶたの腫れぼったさが解消され、お目元がスッキリと若返ります。
お傷は、数ヶ月単位でほとんど分からなくなります。
基本的に、目の上のたるみ取りの手術と同じ流れになります。

気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ1